観光ガイド > 京都府 > 京都市内 > 京都市内

平安神宮 へいあんじんぐう

平安遷都より1100年★優雅な池泉回遊式の日本庭園

〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町

周辺地図

 平安神宮は、明治28年(西暦1895年)、平安遷都1100年を記念して建てられました。平安京大内裏にあった正庁を模造した建物です。社殿前に聳える大木(桜の木)、広さ3万3千平方メートルにも及ぶ広大な池泉回遊式の庭園などが見所です。京都三大祭りのひとつである「時代祭」はこの平安神宮がゴールとなります。

■平安神宮 池泉回遊式の庭園
 平安神宮の社殿裏には、3万3千平方メートルにもおよぶ広大な池泉回遊式庭園が広がる。この池泉回遊式庭園は、明治時代を代表する庭師「小川治兵衛(通称:植治)」の作であり、東苑、中苑、西苑、南苑の4つに分かれた回転式遊苑で、明治・大正期の庭園の傑作とされている。庭園内には、ヤエベニシダレなど約350本にも及ぶ桜の木があり、春の花見シーズンには美しい桜花で観光客を楽しませてくれる。桜の見頃は3月下旬頃から。5月10日前後には「カキツバタ」、5月下旬〜6月上旬には「花菖蒲」が咲きます。

■谷崎潤一郎の「細雪」より
「あの、神門をはいって大極殿を正面に見、西の廻廊から神苑に第一歩を踏み入れた所にある数株の紅枝垂 - 海外にまでその美を謳われているという名木の桜が、今年はどんな風であろうか、もうおそくはないであろうかと気を揉みながら、毎年廻廊の門をくぐるまではあやしく胸をときめかすのであるが、今年も同じような思いで門をくぐった彼女たちは、たちまち夕空にひろがっている紅の雲を仰ぎ見ると、皆が一様に、「あー」と、感嘆の声を放った。この一瞬こそ、二日間の行事の頂点であり、この一瞬の喜びこそ、去年の春が暮れて以来一年に亘って待ちつづけていたものなのである」


■神苑拝観時間
 8:30〜17:30(夏季)
 [神苑受付終了時刻]
  3/1〜3/14 17:00まで
  3/15〜8/31 17:30まで
  9/1〜10/31 17:00まで
  11/1〜2/末 16:30まで

観光ガイド スポット詳細
スポット名平安神宮 へいあんじんぐう
関連電話番号平安神宮 075-761-0221
交通アクセス【市営バス】東山二条、または京都会館美術館前下車、京都駅からバスで30分程
営業時間【参拝時間】6:00〜18:00(夏季) ※ 3/1〜3/14・9/1〜10/31は17:30まで、11/1〜2/末は17:00まで
定休日・休業日
入場料・料金■参拝料金
 無料

■神苑拝観料

[一般]
 大人600円 ※30名以上は550円 50名以上は500円
 小人300園 ※30名以上は250円

[学校団体]
 高校生300円
 中学生200円
 小学生150円
 園児30円
駐車場・料金■駐車場
 京都・市営岡崎公園地下駐車場
 500台
 ※TEL 075-761-9617

■駐車料金
 普通車 500円/時間
 大型バス 2500円

※ 平安神宮 へいあんじんぐうは京都市内の観光スポットです ※

京都市内の観光ガイド一覧

観光スポットの名称・特徴観光カテゴリ
天龍寺 てんりゅうじ ※世界文化遺産
京都・嵯峨・嵐山の霊亀山 臨済宗天龍寺派大本山
[参る] 寺院
真言宗大覚寺派大本山 大覚寺
嵯峨御所★日本三大名月観賞地「大沢の池」
[参る] 寺院
銀閣寺(正式名称:慈照寺) ぎんかくじ
銀閣寺(慈照寺)は東山文化を代表する建造物
[参る] 寺院
仁和寺 にんなじ ※世界文化遺産
重要文化財、国宝などの名宝が数多い★通称・おむろ
[参る] 寺院
平安神宮 へいあんじんぐう
平安遷都より1100年★優雅な池泉回遊式の日本庭園
[参る] 神社
哲学の道 てつがくのみち
哲学の道★偉大な哲学者「西田幾太郎」も愛した小道
[見る] その他

観光ガイド > 京都府 > 京都市内 > 京都市内

日本海トラベル・ホームへ戻る

会員窓口ショッピングフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海トラベルからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社宿泊予約サービスを含め、弊社インターネット予約窓口を経由しない、掲載施設とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2018 日本海トラベル. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます