丹後ひもの屋

京都・丹後半島・京丹後市・網野町・離湖畔

たいざがに産地直送店直営★蟹料理お食事処

 丹後半島一周道路(国道178号線)沿線に位置するのが丹後のお土産探しに最適な丹後ひもの屋です。店舗内にはカウンター席と離れ湖(離湖府下最大の湖)湖畔のテーブル席があり、丹後旅行でのドライブやツーリングついでのお食事処として観光客の皆様にも広くご利用頂いています。もちろん予約無しの飛び込みでもお食事いただくことが可能ですが、冬季限定で、ネットからの事前予約が必要となる幻の間人蟹(たいざがに)の活け蟹を丸ごと一杯使った「間人かに料理」なども提供しています。冬の店舗前は漁港から蟹を持ち帰った専用トラックが横付けされ、店舗前の蟹茹で釜の周辺は松葉蟹やセコガニを茹でる湯煙に包まれます。

【冬季限定】間人蟹マスター坂本の蟹昼食

山陰ズワイガニ料理が解禁となる11月6日の2日ほど後には、店先には湯掻いた間人蟹(たいざがに)やセコガニが並びます。この時期に合わせて、丹後ひもの屋のカウンター席とテーブル席ではネット事前予約限定で、間人蟹マスター坂本(丹後ひもの屋板長)による間人蟹一杯プランの提供を開始させて頂きます。生け簀から予算に合わせた活きたままの間人蟹を選ばせて頂き、その活蟹を坂本板長が直ちに捌いて熱々の蟹料理をお楽しみいただける内容となっています。高級旅館や産地直送店にて間人蟹を23年(令和元年時点)の間、目利きし捌いてきた間人蟹マスターである坂本は、ここでもしか食べられない間人蟹の一番旨い食べさせ方を熟知しています。

丹後の旬で美味しいお土産を多数取り揃えています

丹後ひもの屋の店舗内には、丹後の美味しいお土産が勢ぞろいしています。当店オリジナルの一夜干し干物や、活きたアワビやサザエ、魚介類の瓶詰、お菓子など、ご予約に応じた最適なお土産が見つかるはずです。冬の店舗前の生け簀は、松葉蟹や間人蟹などの山陰産ズワイガニでいっぱいです。お勧めの蟹や旬なお土産をスタッフにお尋ね頂ければ、予算内にあったお土産をいくつかピックアップさせて頂きますのでお気軽にお申しつけください。特にズワイガニ漁が11月6日に解禁してから年末までの2カ月弱しか水揚げされないセコガニは、浜茹で、活け、玉手箱(甲羅詰め)の3つの状態のどれでもお買い求めいただけます。当店でお食事した後は、気軽に店内を探索してみて下さい。

カウンター席と湖畔のテーブル席

丹後ひもの屋の店内には、厨房の横にカウンター席とテーブル席が準備されています。カウンター席は厨房の中が見え、坂本板長が活蟹をさばく姿を眺めながらお食事ができます。テーブル席は離れ湖畔の少し大きめのお部屋となります。本当の熱々の蟹料理や捌き立ての蟹刺しを配膳も含めて少しでも早くお客様にお召し上がりいただけるよう、座席が厨房の隣のお部屋のみで構成されています。食後はお食事部屋の外にある「離れ湖展望デッキ」から、京都府下最大の湖を背景に是非記念写真をお撮り下さい。

予約受付中の食事プラン

※黄枠は提供期間を表します。月をクリックするとその月の空室状況が確認できます。

生簀活蟹専門店・間人蟹一杯コース
 お値打ちプラン
 チェック時刻 [IN]11:00〜 [OUT]〜15:00



大人1名につき
¥15,730¥33,150

仮予約


丹後ひもの屋 写真アルバムよりピックアップ

丹後ひもの屋へのアクセス

 【所在地】 629-3113 京都府京丹後市網野町字小浜912 (地図表示)
お車【大阪より】中国自動車道〜舞鶴若狭道・綾部JCT〜綾部宮津道路・京丹後大宮ICから峰山方面R312、網野町、小浜地区・はなれ湖へ 【京都より】京都縦貫道 〜京丹後大宮IC 〜 野田川町 〜(R312) 峰山 〜 (府道17) 〜 網野・間人方面へ〜右手に湖が見えて左手にふるさと病院が見えたら、50m先の右手 駐車可能台数 30台 駐車料金(1台) 無料
 駐車場無し
電車【大阪より】京都丹後鉄道、網野駅下車・車で約10分 【京都より】JR山陰本線より京都丹後鉄道、網野駅下車・車で約10分 ※網野駅への送迎あり
バス冬季限定で大阪・神戸から直行バスあり。(お問い合わせを)

トラベル・ホームへ戻る

会員窓口ショッピングフィッシング日本海

掲載されている全ての情報/特典等は、日本海トラベルからインターネット申し込み頂く方向けの限定情報となります。他社宿泊予約サービスを含め、弊社インターネット予約窓口を経由しない、掲載施設とのトラブル等につきましては、弊社では一切回答しかねますのであらかじめご了承下さい。

Copyright (C) 2019 日本海トラベル. All Rights Reserved. 掲載画像・文章および全てのコンテンツの無断転載を固く禁じます