秋のグルメ旅〜お料理プランから探す秋の味覚が楽しめる宿〜

食欲の秋です!!日本海トラベルでは、今だけしか味わえない食材をプランにしている施設が満載です。その中から、おすすめのお宿をピックアップしてご紹介します。宿泊するなら、やっぱり料理が決め手!!と思われる方は、ぜひ参考になさって下さい。

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

無題ドキュメント
宿居三養荘の「丹後半島の秋料理★秋の沖ギスプラン」

 9月から間人港でも底引き網が開始になり、多くの秋魚が水揚げされるようになりました。秋は魚種が豊富で魚が大変美味しい季節です。そんな中で三養荘が選んだ旬魚は「沖ギス」です。都会ではちょっと味わえない魚だから限定プランとして提供しております。これを炭火焼きでお召し上がりいただきます。 その他にも、メイタガレイの揚げもの、ヒラメの造り、白イカのいかそうめん、松茸土瓶蒸し、松茸御飯など、秋の味覚が満載です。もちろん魚は全て間人港産、野菜や果物も自家製+丹後産。正真正銘の丹後の秋の味覚をご堪能下さい。 お料理コースには、京都和牛コース、旬菜(レディース)コース、秋魚コースなどをご用意しておりますので、カップル、ご夫婦で、違ったコースを選んで食べ比べてみるのも、味覚満載の秋の楽しみ方のひとつです。

●沖ギスとは?
砂浜などから投げ釣りで釣れる白キスとは違い、底引き網漁でもとれることから、比較的深い海に生息するキスです。大型でキスと同様にあっさりしておりますが、脂ものって、卵ももってますので、今一番美味しい魚のひとつです。
プラン掲載ページ・ご予約     三養荘の空室検索(9月/10月

■沖ギスの浜焼きは、生姜醤油で食べる
 まずはこの沖ギスプランの一番の目玉「沖ギス」は、炭火焼で「浜焼き」にして食べるのが特徴。身は白身で結構ボリュームもある。そして特徴は何といっても、お腹の卵だ。白いプリプリとした食感のこの卵が絶妙に旨い。この浜焼きに合わせるのは、「自家製生姜醤油」。
■メイタガレイ、ヒラメ、サザエなど、間人港産の新鮮な魚が続く
 メイタガレイを丸ごと一匹、様々な味で楽しめる天ぷらです。メイタガレイの身はとても柔らかく、磯辺揚げ、湯葉揚げなど。ポン酢はちょっと辛めに調整されています。頭から骨、尻尾まで全て香ばしく頂けます。ヒラメ、サザエはコリコリした食感で、刺身がよく活きてます。醤油も地元では有名な某醤油を使うあたり、納得しました。その他、以外なのが、手長エビ。板長が料理の彩りをよくするために、わざわざ四国の四万十川から活きたものを仕入れています。同様に、小鮎の甘露煮に使われている鮎も、琵琶湖から仕入れている小鮎。その他にも、アワビのやわらか煮、湯でたこなど、ポイントポイントで、旬の魚を使っています。
■特におすすめ!!飯蒸す(いいむす)の味付けは濃厚。混ぜて混ぜてお召し上がり下さい
 あなご、焼きウニが御飯の上にのっている料理。飯蒸すといいます。この料理は、混ぜてから食べます。混ぜようとすると、御飯の中から甘鯛が出てきます。知る人ぞ知る高級魚で、真鯛なんかとは比べものになりません。ご飯は、なんともち米なので粘り気があります。まず一口食べると、アマダイの身の味がすごい。アナゴの味ももちろんする。そして何といっても、焼きウニの香りが鼻に残る。うまい。これは特別に旨い。いくらでも箸が進みます。この他のご飯物として「松茸料理」があったのだが、個人的には圧倒的にこの「飯蒸す」に軍配があがります。
■この時期の定番「松茸」ももちろん味わって下さい
 秋の定番料理「松茸御飯」と、「松茸の土瓶蒸し」。まず松茸の土瓶蒸しは、具材に程よい大きさの松茸とハモが入っています。この贅沢な土瓶蒸しは、すだちを数滴入れてから食べます。具材を食べる前に、スープを小皿で飲むと、何とも濃厚な味の中に、松茸の香りとすだちの香りがとても清涼だった。続いて松茸御飯。松茸の香りは十分。それ以上にお米の美味しさが際立っている。ここ三養荘では、弥栄町の農家と提携し、水田まで指定したお米作りを行ってもらっている。
秋の「のどぐろ」フルコース のど黒

9月1日から開始された底引き網漁にて水揚げされた秋の最高級魚「のど黒」のフルコースを提供中です。のど黒料理は10月末までの短い期間の提供ですが、本当に旨い魚です。希少かつ真の高級魚ですので、なかなか市場に出回らないのが現状ですが、秋の羽衣荘は、この素晴らしいのど黒をフルコースで味わえる全国でも希少な宿でございます。 のど黒の旨さの秘密はその脂にあります。「牛肉」以上の上品で豊潤な脂が滴り落ちる肉厚なのど黒の白身を炭火焼きにすると、初めてのど黒を御賞味頂くお客様は、皆信じられないような驚きの表情をなされます。 味は、コクと深みを持ち、パサパサ感はまるでありません。大変表現の難しい味わいですが、食べていただければわかります。きっとアテが外れたとは言われない、むしろこの魚と巡り会えた事を喜んでいただけるプランとなっております。
プラン掲載ページ・ご予約    羽衣荘の空室検索(9月/10月

■のど黒焼き霜造り、そぎ造り
ただの造りではなく焼き霜にすることで、皮がより柔らかくなり、同時に香ばしさがのど黒の味を一層引き立ててくれます。
■ のど黒と松茸の炭火焼き
のど黒の持つ旨みを最もお楽しみ頂ける料理です。串焼きから滴り落ちるのど黒の脂は、秋魚の中でも最も素晴らしく旨い脂です。
■ のど黒と真子の煮付け
のど黒の真子とは卵のことです。なかなか口にすることはできない珍味でございます。のど黒の奥深さを実感できる逸品でございます。
■のど黒豆腐蒸し
美しいのど黒の身を開き、その間に豆腐を挟み込み、焦げ目がつくまでじっくり焼き上げて香ばしさを増した後、丁寧に蒸し上げております。豆腐を一口噛み締めれば、豆腐に染みこんだのど黒の旨みが一気に溢れ出す逸品となっております。
■のど黒甘酢餡掛け
のど黒の全てをお楽しみ頂く為に、のど黒の骨と数種類の野菜を約3時間じっくり煮込んでダシ汁をとり、極上の甘酢餡として仕上げております。のど黒の身とこの甘酢餡の相性は抜群です。とても手間暇のかかった贅沢な逸品でございます。
■のど黒と松茸の土瓶蒸し
土瓶蒸しでは、秋の味覚「松茸」の香りと、上品なのど黒の脂を同時にお楽しみ頂けます。スープの奥深さも是非実感下さい。
■のど黒の棒寿司
酢でしめたのど黒の白身を丹後米と一緒にお楽しみ下さい。棒寿司で有名な「鯖の棒寿司」では表現できない、それは美しい白身のお寿司です。



 冬のカニシーズンまで待ちきれないお客様に大好評の「焼ガニ」食べ放題プランです。お出しする「かに料理」はお子様にも大人気の「カニ天ぷら」とサクサク感がたまらない「焼ガニ」、カニの出し汁が最高の「一人用カニスキ鍋」、サッと湯通しした「湯ガニ」の4品です。その中でも「焼ガニ」は90分の時間内ならお好きなだけお召し上がりいただけますので、蟹ファンにはたまらない一品ですよ!冬の代名詞を一足先にお召し上がり下さい。秋の夜長を「カニ料理」と「天然温泉」でゆっくりとお過ごし下さい。・・・ プラン詳細はこちら


  旬の会席プラス「サザエの壺焼き食べ放題(90分以内)」と「豪華舟盛」「特選牛フィレ肉のステーキ・特製チャコールソース」をご堪能いただける秋の人気コースになります。秋の丹後は旨い食材の宝庫です。その食材を贅沢に使い、「和風・洋風」にと腕自慢の板長が味覚、ボリューム共に満足いただける内容に仕上げております。食通にはたまらない「サザエ」をお腹いっぱいにお召し上がりいただける「壺焼き食べ放題」はお客様に大人気のメニューになっております。また日本海の幸をふんだんにご堪能いただける「豪華舟盛」、牛肉の中でも特に柔らかく筋のないフィレ肉を使用した「特選牛フィレ肉のステーキ・特製チャコールソース」もオススメの一品です。・・・プラン詳細はこちら

 

 秋の味覚の王様「松茸」を丹後風懐石料理でお召し上がり頂くコースです。香り豊かな松茸を、焼き松茸、土瓶蒸し(蒸しもの)、松茸御飯などでお楽しみいただきます。先付(柿と生酢)、前菜(栗の渋皮焼き)、新鮮な間人港の魚介類を使ったお刺身(お造り)、焼き松茸、焼き魚、松茸の土瓶蒸し、炊き合わせ、揚げ物、松茸御飯などが主な御料理となります。・・・プラン詳細
 

  厳選された和牛霜降り肉のしゃぶしゃぶと秋の味覚の王様”松茸の土瓶蒸し、焼き松茸”など秋の味覚をふんだんに使ったちょっと贅沢なプランをお手ごろな料金で設定しました。お造りは日本海で獲れたての旬の魚介類を朝市で仕入れてお出し致します。前菜、焼き物など秋の味覚を存分に取り入れた会席料理は久美浜の秋を十分堪能していただけます。ご飯も丹後のコシヒカリの新米を味わってください。・・・プラン詳細
●その他の松茸プラン・・・りょかん かとう「松茸&紅ズワイガニ・秋の温泉季楽プラン」旅館 浜乃屋「秋の味覚・松茸三昧コ−ス」みのり旅館「秋の丹後会席コース」旅亭 海山(かいざん)「秋の味覚!松茸&秋鱧・海席コース」

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

日本海トラベル・ホームへ戻る