春料理特集第1弾 京都 丹後半島編

 

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

日本海トラベル 春料理特集第1弾 京都 丹後半島編 2005年3月23日号


春料理特集 第1弾 京都 丹後半島編
京都丹後の春プラン/春料理が徐々に出揃いました。各宿が自身をもって提供する春料理の数々を紹介させて頂きます。春の素材はどれも美しく、好みによって対象となる宿が限定されます。貴方の春旅行にピッタリと合うような春料理をこの特集にてご検討頂けましたら幸いです。

さくら会席★春限定・桜色の春の会席料理  新海荘

但馬牛ヘレ肉付き春の会席料理  すずらん
さくら会席
春の4月〜5月の丹後半島では、桜海老(桜エビ)、甘海老(甘エビ)、シマエビなど、様々な美味しい海老が豊富に獲れます。こういった海老を中心に「さくら色」をイメージしたお料理内容の会席料理です。提供期間は4月〜5月までと短いですが、丹後の「さくら色」を満喫下さい。
平日 \11,550
但馬牛
すずらん自慢の但馬牛ヘレ肉の陶板焼きと、地元で獲れた新鮮な魚介類のお刺身と久美浜の旬の野菜の天婦羅などが一度に楽しめる春会席料理。京都北部・久美浜の春を満喫してください。展望露天風呂からは久美浜湾に沈む夕陽が身も心も癒してくれます。
月〜木 \16,800


アワビやサザエの海鮮残酷焼プラン  金平楼

春限定/天然温泉・新鮮活魚プラン  りょかん かとう
地獄焼き
お客様の目の前で、地物アワビ・エビ・サザエ等を豪快に焼きながら、召し上がっていただく海鮮残酷焼きに、新鮮なお刺身や、その日の仕入れによる逸品として季節の旬を織り込んだお料理(先付・煮物または煮付・揚げ物・他など)をお客様の満足を考えてお出しします。
平日 \13,650
新鮮活魚
ゴールデンウィークまでは、この時期だけの限定食材いさざ(しろうお)の踊り食いがサイコーです。一年中でこの時期にしか食せない貴重な食材ですので是非、春の夕日ヶ浦にお越し下さい。天然温泉と新鮮な日本海の春の幸で日頃のお疲れを癒して下さい。
平日 \12,000


春の磯会席・桜スタンダードコース  つるや

幻の漁師料理・舫鍋料理「舫物語」  レイクサイド琴引
磯会席
当館所有の「正栄丸」も出航し沖釣りや漁を行います。ご予約いただければ「沖釣り」も可能ですので「釣りファン」の皆様にもご好評を頂いております。また久美浜は自然が至る所に残っており山々を彩る春の代名詞「桜」は皆様の目をきっと和ましてくれる事でしょう。
平日 \9,850
舫鍋
昭和初期、丹後半島の間人の漁師たちは、底引き漁船同士を綱で繋ぎ底引網を引いていました。この船のことを舫(もやい)と呼び、舫にちなんで船上で漁師さんが捕った魚で作って食べる鍋を舫い鍋(もやいなべ)と言いました。この幻の「舫鍋」をレイクサイド琴引のアレンジで現代に再現しました。
平日 \14,700


みのり磯会席  みのり旅館

紅ずわい蟹フルコース★香住かに  富而(ふじ)
みのり磯会席
魚の舟盛やカニ陶板焼きなど、存分に春の味覚を味わって頂ける会席料理です。そして、お米も丹後産こしひかりで、農家の方が丹精込めて育てたお米を直接分けて頂いております。春の丹後旅行は、料理と一緒に24時間入浴可能な浜詰温泉の湯も是非お楽しみ下さい。
平日 \14,700
紅ズワイガニ
兵庫県香住港で水揚げされる紅ずわい蟹「香住がに」を、お一人様に2.5匹使用する春の蟹フルコース料理です。紅ずわい蟹は松葉蟹とはまた違い、みずみずしくツルンとした甘味が特徴の繊細で味わい深い蟹です。扱いがより難しいとされる紅ズワイガニ料理は、天然素材専門の当宿でどうぞ。
一律 \15,750


和牛会席コース ※黒毛和牛ステーキ  木津館
黒毛和牛
真っ赤な肉の断面が食欲を掻き立ててくれる黒毛和牛を使ったステーキがメインの会席料理です。豊かな日本海に恵まれ、魚介類料理が中心となりがちの丹後半島ですが、やはり肉が好きなお客様もかなり多いのが実情ですので、木津館ならではの魚と肉をバランスよくお楽しみ頂ける会席料理をご提案させて頂きます。
平日 \13,650
写真をクリックすると、そのプランの詳細ページが別ウィンドウで表示されます。
料金は宿泊の場合の目安(2名1室利用)です。詳しい料金は各プランページの料金表にて確認下さい。

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

日本海トラベル・ホームへ戻る