今年こそワンランク上の「かに」が食べれる宿を探したい!!

11月6日はかにの解禁日。今年こそ満足の行くお気に入りのかに宿を探して下さい。

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。


全国でも最高級のかに「たいざがに」を現地でお安くお召し上がり下さい。
「間人がに」は全国でも有名な松葉がに(ずわいがに)のことです。丹後町経ヶ岬沖合いは、良質な松葉がにが獲れる漁場として、全国的にも有名です。「間人がに」は日帰り操業で水揚げされるので新鮮さと身詰まりが最高です。その風情のある味は、「たいざ」独特の松葉がにとして絶賛を博しており、あのよみうりテレビ「どっちの料理ショー」の特選素材としても放送されました。全国でも高級料亭などでしか食べることの出来ない、非常に高値で取引されている高級食材ですが、現地ですので、リーズナブルなご予算でお召し上がりいただけます。もちろん、リーズナブルでもお値段ははりますので、予算に余裕のあるグルメ志向の方におすすめです。



三養荘がいやしの宿である理由は、やはりおもてなしのお料理
一品、一品に拘りをもってお出しするお料理。三養荘では、旬の素材の味を生かしながら、手間暇かけたお料理のメニューを、日々お出しするように心がけているという姿勢が、お客様を常連にしてしまう理由でしょう。料理宿と一言で言うのは簡単ですが、いつ行っても満足のいくお料理を出してくれる宿というのはなかなかありません。ぜひ、その目で本物をお確かめ下さい。冬のかにコースは、「かに」をメインにしながらも、その他の季節の旬の食材も味わえます。先付けは季節の旬材。山海の珍味を盛り合わせた前菜。お造りはカニ、甘エビ、その日に水揚げされた魚の三種盛り。カニ味噌の甲羅焼き、茹で松葉ガニ、丹後炭で焼く焼きガニ、さくっと揚げたカニの天麩羅。利尻昆布と土佐の本鰹を使った三養荘特選だし汁のカニしゃぶ、カニすき、カニ雑炊。香物、自家製栽培の果実。リーズナブルなズワイガニから最高級の間人ガニまで、ご予算に合わせてお召し上がりいただけます。



人気の間人がにプラン
[写真を拡大する]

新鮮な蟹を熟練の目で厳選
[写真を拡大する]

旧館は明治時代から100年以上の歴史の館
[写真を拡大する]

間人かにの[吉野家]がリニューアルオープン
「昭恋館 よ志のや」は間人蟹で有名な丹後町間人温泉郷に位置する老舗旅館です。2003年11月よりリニューアルオープンすることにより、宿名が「吉野家旅館」より「昭恋館 よ志のや」と改名されました。昭和30年代にタイムスリップしたような雰囲気の館・お部屋・お風呂(O’FURO)に生まれ変わり、ステンドグラス/メキシカンタイルのある温泉/浴室、ヨーロッパのアンティーク雑貨/家具など、見所が満載です。間人港の高台にある館からは、従来通り、日本海と間人港が一望でき、静かな落ち着いた雰囲気を一層趣深いものにしてくれます。海側のお部屋で、波の音を聞きながら食べるお料理は、旬の食材をますますおいしく引き立てます。本当においしいものをおいしく食べていただきたいと、蟹はもちろん、魚、肉、米、野菜、水にいたるまで丹後の厳選した食材を使用し、素材を生かした食し方にこだわって料理をお出ししています。料理内容は地元の名産品で蟹の中でも最高級とされる、「間人蟹」のコース料理。冬のメイン食材である、間人蟹は99年1/14、あのよみうりテレビ「どっちの料理ショー」で特選素材として紹介され、また番組内で吉野家はおいしい応援団として「カニすき」の勝利に貢献しました。番組で紹介された、秘伝の蟹みそスープで味わっていただく「カニすき」は本当に絶品です。お値段ははりますが、「よ志のや」のお料理にはそれだけの値打ちがあります。常連さんが毎年早くからご予約されるのも、納得の宿です。



絶品のかにフルコース
[写真を拡大する]

極上の間人がに
[写真を拡大する]

新しいけどどこか懐かしい様にリニューアル
[写真を拡大する]

カップル、夫婦におすすめしたいおしゃれな宿「カサデファンタ ひさみ」
全室から海を一望できるロケーション抜群の宿。海の香り、潮風を感じながら、冬の荒れ狂う豪快な日本海の景色をご覧下さい。冬の海は、夏と違って暗いですが、素晴らしい景観で、雪の降る日はとてもロマンチックです。客室内はベッドを設置していますので、ペンションやホテルがお好きな方にはおすすめです。テラスも設置されているので、天気の良い日はお部屋から出て、とても贅沢な時間を過ごして頂けます。冬のお料理はもちろんかに料理がメインになりますが、その他丹後のいろいろな旬の食材も一緒にお召し上がりいただけます。お料理と一緒に、地酒やワインなどの飲み物も選んで頂けるのが、「ひさみ」ならではのこだわりで、お客様に人気の理由の1つにもなっています。かには予算に合わせて選べるので、お好きなグレードをお選び下さい。また、素材や味についてですが、オーナーの生家が、間人老舗旅館「よ志のや」なので、その鍛えられた目はお墨付きです。お洒落で雰囲気が良く、でもお料理にもこだわりたいといった方におすすめのお宿です。



素材を選ぶ目は本物です
[写真を拡大する]

ロケーションは最高です
[写真を拡大する]

お洒落な客室内
[写真を拡大する]

里帰りするような感覚で宿泊できるアットホームな宿 「たいざ ことぶき」
京都の北部「丹後半島」の丹後町にある小さな宿。いつでも気軽にお立ち寄り頂ける民宿ならではの、アットホームな雰囲気と温かいおもてなしを大事にしている、家族で運営している小さな宿です。民宿ですが、お料理にはこだわっています。この地ならではの「間人かに」も、もちろんお召し上がりいただけます。メニューは先付、お造り、かに刺し、酢の物、茹でかに、焼きがに(炭火焼き)、甲羅焼き、かにすき、雑炊、デザートの全10品で、お好みの調理方法で堪能して下さい。間人かにはお値段がはるものですが、「たいざ ことぶき」ではリーズナブルな価格で提供していますので、温泉などの施設にこだわらないという、お料理メインのお客様にはおすすめです。温泉は宿内に設置されていませんが、毎日マイクロバスで天然温泉「宇川温泉 よし野の里」まで送迎があり、無料入浴券がもらえますので、ぜひご利用下さい。



間人がにでこの料金はおとくです
[写真を拡大する]

お好きな調理法でお召し上がり下さい
[写真を拡大する]

実家のようなアットホームな宿
[写真を拡大する]

 
 



この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

日本海トラベル・ホームへ戻る