初夏の蛍特集 ホタルの見頃と交通アクセス 2004年度版

初夏といえば梅雨のジメジメした時期を連想しますが、春から夏にかけては、日本全国各地の美しい水のある場所では、蛍(ホタル)の鑑賞が行うことができます。日本では、源氏蛍(ゲンジボタル)、平家蛍(ヘイケボタル)などは有名ですが、日本国内には約45種類、世界には約2000種類の蛍が生息しています。都会ではすっかり見ることができなくなった自然の蛍や飼育されている蛍を見に、全国各地の蛍の名所に是非足をお運び下さい。

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

この情報は2004年のものです。今年の情報は特集ページから検索してください。

初夏の蛍(ホタル)特集 〜 全国のホタル鑑賞の場所と見頃 〜 2004年5月9日号


初夏の蛍(ホタル)特集 〜 ホタル鑑賞から見頃まで 〜
蛍(ホタル)は毎年5月〜7月の間、全国各地の水の綺麗な場所で鑑賞できます


初夏の蛍(ホタル)特集 〜 ホタル鑑賞の場所と見頃
 5月下旬になると全国各地の美しい水のある辺では、蛍(ホタル)が飛び始めます。蛍(ホタル)は、美しい環境の残る場所でしか見られないと言われますが、その言葉通り、昔はこの辺りでも蛍(ホタル)が見られたなどという話を最近よく聞きます。そういった場所では、無意識のうちに環境破壊が進んでいる証拠かもしれません。現在、日本各地では、各地域の保護会などが中心となり蛍を呼び戻す活動が活発に行われています。この夏、蛍鑑賞にお出かけ予定の皆様には、この初夏の風物詩「蛍鑑賞」をこれからもずっと続けれるよう、最低限のマナーを守った鑑賞を切に願います。
日本に生息するホタル
 日本全国には、約45種類のホタルが生息しているといわれていますが、全ての種類のホタルが発光するわけではありません。そのうち発光するのは約15種類程度です。 日本全国各地で鑑賞できるホタルでは、源氏蛍(ゲンジボタル)平家蛍(ヘイケボタル)窓蛍(マドボタル)姫蛍(ヒメボタル)紅蛍(ベニボタル)などが有名です。中でも源氏蛍(ゲンジボタル)と平家蛍(ヘイケボタル)は特に有名ですね。また、世界には約2000種類のホタルが生息しているといわれています。
ホタルは何故光る(発光する)のですか?
 蛍は空気中の酸素を体内に取り込み、体内の発光部分(後腹部)にあるルシフェリンと酸化反応を発生させることでお尻が光ります。発光しているお尻を触っても熱くないのは不思議ですが、なぜか蛍の光は熱くありません。蛍の光のような光は冷光(れいこう)といわれます。蛍はオス/メスどちらもが発光し、メスはオスを誘い、オスはメスを探します。蛍の発光は求愛行動です。蛍のメスは葉っぱの上で発光することでオスを誘い、蛍のオスはお尻を点滅させながらメスの光を探し飛び回ります。
ホタルの見頃はいつですか?
 一般的にホタルの見頃は「初夏」といわれていますが、南に行くほど時期が早いといわれています。九州では5月頃に鑑賞できる地域もあります。同じ地域でも、年度によって天候や気温差があり見られる期間や初見日(蛍がその年初めて見られた日)が異なります。本特集で記載されている見頃は、あくまで「参考」程度に考え、蛍鑑賞にお出かけの前に一度お問い合わせ先に確認してから出発することをおすすめします。但し天候などによっては見頃の時期でも見れないこともあります。
ホタルが多く見れる日はどんな日ですか?
 蛍の見頃の時期に、以下のような条件に全て合致する日には、多くの蛍が期待できます。
 ・曇っていて月明かりのない漆黒の夜
 ・風の少ない蒸し暑い日
 また鑑賞時間は夜19:30〜21:00頃がおすすめです。

ホタル鑑賞の際のマナーについて
 環境に一際厳しい蛍の生息地(鑑賞地)では、鑑賞時に以下の点には十分にご注意ください。
 ・ゴミを捨てたり環境破壊となることをしない。タバコの吸い殻などのポイ捨てなどは御法度です。
 ・蛍を捕まえたりしないこと(来年見れる蛍が減ってしまいます)
 ・人工的な光の禁止。カメラのフラッシュや懐中電灯を蛍に向かって放つこと全般。
 ・大きな声や音を出さないようにして下さい。蛍も驚きますし、夜ですので近所の住宅などへの配慮をお忘れなく。

ホタルの一生
 蛍は一生のほとんどを、水の中と暗い土の中で過ごします。成虫になって飛んでいられるのは1週間前後といわれています。成虫になった蛍は何も食べず水分のみを補給します。

【蛍の一生 ライフサイクル】
@5月〜6月 オスとメスの蛍(成虫)が交尾して、メスが苔(コケ)の中に産卵します(黄色い卵を約500個)。
A産卵から1ヶ月後 産卵された卵が孵化し幼虫となります。幼虫はすぐに水の中に入り、カワニナを食べながら暗い場所で成長します。川底の石の下などに潜り込み、水中で遠い春を待ちます。
B翌年4月〜5月頃 幼虫は水の中から陸にあがり、土の中に潜ります。
C上陸から1ヶ月後 幼虫は蛹(さなぎ)に変化します。
D蛹になって10日後 蛹から羽化し、土から出て成虫となります。
E羽化後 成虫となり交尾相手を探します。成虫になった蛍の命は残り約一週間と短命です。
 → @に戻る
 



★ 全国のホタルの写真募集中 ★
日本海トラベルでは、全国各地のホタルの写真を募集しております。ホタルに関する写真ならどんなものでもかまいません。自慢の撮影技術で撮ったホタルを是非ご投稿下さい。投稿された写真はこのホタル特集ページ、および日本海ドットコム内のその他ページでもご紹介させて頂くことがあります。美しいホタルの写真をお待ちしておりますのでお気軽に投稿下さい。ご投稿は観光写真投稿ページよりどうぞ。


この情報は2004年のものです。今年の情報は特集ページから検索してください。

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

日本海トラベル・ホームへ戻る