松葉かに/ずわいかに漁の解禁日/初セリの様子【京都/丹後半島】

 

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。


松葉かに/ずわいがに漁の解禁日/初セリの様子【日本海/京都/浅茂川漁港】 速報/カニ解禁日 2010年11月6日号

 山陰地方の冬の風物詩「山陰ずわいがに漁 = 松葉かに漁」が例年通りの蟹漁解禁日である11月6日(木)の00:00より解禁となりました。前日より沖合の蟹漁場で待機していた京都府、兵庫県などの漁協所属の漁船が今年も一斉に底引き網漁を開始しました。

 日本海側から情報発信を行っている日本海ドットコムでは、毎年、浅茂川漁港の蟹競り(セリ)の様子を速報でお伝えしておりますので、今年も今シーズンの松葉かに初セリ(初日)の様子をご紹介いたします。

松葉かにの底引き網漁は翌年3月20日頃まで行われますが、雌蟹(コッぺガニ、親蟹)は、翌年1月上旬までしか漁が行われないので見学をされる方はご注意ください。時化などの日はセリはございませんが、かに漁のシーズン中、所属船は可能な限りかに漁を試みます。この初セリの日も、浅茂川港の大善丸はセリ終了と同時に再度丹後沖の漁場で次の漁の為に出発していきました。船と漁師さん達の安全な操業を心より祈念いたします。

初セリ日の浅茂川港は、天候は晴れ、気温は20度に少し満たない程度ですが、これでも例年に比べれば暖かい初日となりました。気になる今シーズンのカニ漁の見通しですが、初日の水揚げとしては豊漁でした。  浅茂川港:雄蟹/約350枚、雌蟹/約5000枚 ※大善丸


初セリの様子は動画でもご覧頂けます。↑のボタンをクリック下さい。

大善丸の松葉かに初水揚げ
▲松葉かに初水揚げの大善丸(浅茂川漁港所属)▲
大善丸の松葉かに初水揚げ
▲松葉かに初水揚げの大善丸(浅茂川漁港所属)▲
かに漁船の乗組員が総出でセリの準備を行う
▲かに漁船の乗組員が総出でセリの準備を行う▲
松葉かに漁船の乗組員が総出でセリの準備を行う
▲かに漁船の乗組員が総出でセリの準備を行う▲
松葉かに解禁日の固蟹(オス蟹)は350枚と豊漁▲
▲かに解禁日の固蟹(オス蟹)は350枚と豊漁▲
松葉かには漁師が品質/等級別に選別して配置します▲
▲かには漁師が品質/等級別に選別して配置します▲
セコガニ(雌蟹:通称コッペ、コウバコガニ)のセリの様子▲
▲セコガニ(雌蟹:通称コッペ)のセリの様子▲
セコガニはトロ箱単位での競りとなります▲
▲セコガニはトロ箱単位での競りとなります▲
もちろん全てのセコガニは活きています(活セコガニ)▲
▲もちろん全てのセコガニは活きています▲
松葉かに(オス蟹)の競りがスタートしました
▲松葉かに(オス蟹)の競りがスタートしました▲
初競り/水揚げで一番品質/大きさの松葉かに(番蟹)
▲初競り/水揚げで一番品質/大きさの松葉かに▲
腕のタグには「松葉がに・大善丸」が刻まれる
▲腕のタグには「松葉がに・大善丸」が刻まれる▲


初セリの様子は動画でもご覧頂けます。↑のボタンをクリック下さい。

 近年、初競り日(松葉かに解禁日)は安定して良いです。そのため、いきなり初日から時化でセリが無かったりすることがほとんどありません。本日の初セリ日も秋らしい穏やかな天候で、水揚げも豊漁で順調な出だしといえます。

日本海トラベルで宿予約されたお客様も、本日の夜から初セリで水揚げされた初モノを各宿のお部屋等でお召し上がりになられる筈です。日本屈指の漁場「丹後沖」の松葉かに(ずわいがに)を是非シーズンにお試し下さい。丹後半島は遠すぎて来れない方は、以下のページより産地直送サービスをご利用の上、ご家庭で丹後半島の活松葉かにの魅力をお手軽にお試し頂けます。

日本海ドットコムのスタッフ一同、漁の安全、漁師さんの健康をお祈りしております。



浅茂川漁港の初セリにて見かけた、日本海ドットコムに掲載中の宿や産地直送店の方は、谷次さん(魚政)齊藤さん(てり吉)でした。どちらもセリの仲買人です。他宿の方は津居山港(兵庫県)、間人港(間人蟹・京都府)などに多く参加されていますので、他港の様子は各宿のニュース投稿にてご確認できます。


松葉かに/間人がに/津居山がになど、日本海産のずわいがにの食べれる宿探しならこちら

浅茂川港の松葉かにや、近郊の漁港で水揚げされる間人がに(たいざがに)や、津居山がに(ついやまがに)を。ずわいがにの名産地「丹後半島」で食べるなら、日本海トラベルでお好みの提供施設をじっくりとお選び頂き、ご予約下さい。


地蟹の食べれる宿(かに料理の宿の特集)


カニ料理全般の宿探しはかに料理の宿


間人蟹の食べれる宿



松葉かに/間人がに/津居山がになどのお取り寄せ、全国発送/産地直送便ならこちら

浅茂川港の松葉かに、近郊の漁港で水揚げされる間人かに(たいざがに)や、津居山かに(ついやまがに)は、以下のページにて産地直送便として、注文をお受けしています。日本海ショッピングの冬定番の産地直送コーナーも、今シーズンで11年目に突入します。


松葉蟹(マツバガニ)の産地直送
(価格比較と商品比較)


間人蟹(タイザガニ)の産地直送
(価格比較と商品比較)


津居山蟹(ツイヤマガニ)の産地直送
(価格比較と商品比較)


松葉蟹、せいこがにのお取り寄せ
(過去の特集記事より)


松葉蟹のお取り寄せ特集
(過去の特集記事より)


せいこがにのお取り寄せ特集
(過去の特集記事より)



この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

日本海トラベル・ホームへ戻る