幻の素材「間人蟹」と「丹後天然クエ」の競演!レイクサイド琴引

 

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

幻の素材「間人蟹」と「丹後天然クエ」の競演!レイクサイド琴引 2009年1月10日号



レイクサイド琴引のホーム/交通アクセス | 浴場・風呂(丹後はなれ湖温泉) | 客室情報 | 予約受付中のプラン | 最新空室情報&予約画面

丹後はなれ湖温泉「レイクサイド琴引」
琴引浜の裏手・離湖畔にある宿

丹後半島一周道路(R178)の中継宿
琴引浜まで車で約5分、間人港まで車で約15分
【取材者からみた旅館・レイクサイド琴引】
女将と熟練の仲居さん達、そして若い板場・板長・社長による組み合わせで宿を切り盛りしているのがレイクサイド琴引のポイントです。新規料理の企画や食材などの確保は若いスタッフが中心となり会席料理として完成させ、お客さんの反応に問題があれば若いスタッフ皆で事務所に集まり、問題点を洗い出しその場で改善策を検討・決定する光景がよく印象に残っています。シーズンごとに新しいプランを提供できるのは、やはり提供側が常に問題意識をもって「考えている」ことの証明でもあります。お部屋は今時当たり前の豪華な部屋とはいえませんが、設備・施設<サービス・料理に重きを置いている姿勢をふまえて足を運べば、より細かな箇所に気づけるのではないでしょうか。

(レイクサイド琴引の特集ページはこちら)

▼ 2009/1〜3月の提供プラン(抜粋) ▼
(写真をクリックすると詳細表示)



間人蟹だけじゃイヤ!欲張り会席
2009年1月末までの限定プラン
お一人様 17,850〜\28,875


【沖〆】昔ながらの蟹料理・先着1日3組限定
お値打ちのカニフルコースならこちら
お一人様 \18,375〜\27,300


【夢幻】華咲天釜・間人蟹フルコース
すべて間人蟹だけの蟹フルコース
お一人様 \44,625〜\55,650

(このプランの特集ページはこちら)

間人蟹の産地直送店「丹後ひもの屋」
レイクサイド琴引に隣接する魚屋

レイクサイド琴引で使う魚/蟹を一括仕入れ
活蟹は店舗内の生け簀で調理前まで生かす
【取材者からみた丹後ひもの屋】
丹後ひもの屋は、ここ数年で商品ラインナップが充実した店舗のひとつです。レイクサイド琴引まで来られない遠方の方などでも、レイクサイド琴引で提供している食材などの味をご家庭でも楽しめるような商品企画を中心に行っているのが特徴です。5年以上前、間人蟹や松葉蟹は、すべて解体して調理済みにしてオリジナルのかにすきセットとして販売開始した後、丹後の真鯛/甘鯛を使ったしゃぶしゃぶセット、クエのしゃぶしゃぶセットなど、様々なお手軽鍋セット商品などを開発しています。こちらの商品開発も宿側と同じ若いスタッフが中心となり、日々「考えて」います。

▼ 2009/1〜3月のお勧め商品 ▼
(写真をクリックすると詳細表示)



活けじめ蟹すきセット(間人蟹/松葉蟹など)
もはや定番!鍋に入れるだけの蟹鍋セット
ご予算 \7,800〜(送料別)

(この商品の特集ページはこちら)

調理済み天然鯛しゃぶセット(真鯛/甘鯛)
養殖ものじゃイヤ!丹後の天然鯛鍋セット
ご予算 \4,800〜(送料別)

(この商品の特集ページはこちら)

旨干し【干し柿】完全予約販売品
昔ながらの屋根に吊して熟したつくりたて
ご予算 \945(送料別)


一夜干し・浜塩旨干しシリーズ
塩水に漬けず、身に塩をすりこませた極上干物
ご予算 \525〜(送料別)


日本海丹後周辺の旨い海老(エビ)
鬼海老、白海老の旨さ知ってますか?
ご予算 \2,520〜(送料別)

 多彩なブランド蟹料理を得意とするレイクサイド琴引では、2009年1月より、丹後の天然クエと間人蟹に近郊のブランド蟹をミックスした新たな会席料理の提供を開始しました。

 丹後でクエ?と思う人も多いかもしれませんが、もともと年に数える程しか水揚げがない稀少な魚だったのですが、昨年より中浜港などを中心に一本釣りでクエを釣り上げる漁師が増え、新しい丹後の食材として今注目されています。

 ほどよく冷たい日本海/丹後半島の海底で何年も根魚として成長し、神経質で釣るのが非常に困難なクエは、地元の人でも食べたことがないことが多いのですが、その白身は、魚の王様とも呼ばれるほど繊細で美味とされています。太平洋のクエを食べたことがある人にこそお試しいただきたいのが日本海/丹後産の天然クエです。

クエ(天然一本釣り)
間人蟹(たいざがに)
【クエとは?】 「クエを食べたら他の魚がクエン」と言う程美味しいとされるクエは体の模様を九つ変化させることからクエ(九絵)と呼ばれます。和歌山や三重、高知などでは有名ですが丹後から北陸にかけての物は特に珍重されています。薄いピンク色の身は何ともいえない甘みが口の中で広がりその味はふぐを凌ぐとも言われます。全国的には養殖も行われているため天然クエものはより稀少です。釣りでは巨大魚の位置付けとなり、根魚(そこに住み着く魚)の王様として根強い人気を誇ります。体長/重さがある程度のサイズ以上のものしか脂のノリが悪いとされ、1m以上のものはより美味とされることから、レイクサイド琴引の扱うクエも大物のみに限定しています。

【間人蟹とは?】 現在、タグ付きの天然ズワイガニが当たり前になっていますが、全国に先駆けてブランド化を行ったのが、間人港(たいざこう)の間人蟹(たいざがに)です。小型船による日帰り操業ならではの鮮度を生かし、現在でも全国屈指の知名度を誇るズワイガニです。この記事の競演プランでは、この間人蟹を蟹刺しに使用し、他の蟹料理には兵庫県産(浜坂産の松葉蟹、津居山蟹など)のブランド蟹を使用することで、料金を可能な限り低く抑えています。良い蟹は茹でればわかると言われるように、間人蟹には独特の品があります。間人蟹のみの蟹フルコースをお望みの方には、別プランがご用意してあるのでそちらをご閲覧ください。


※【クエと地蟹ハーフ&ハーフ鍋】の様子を映像/動画で確認できます※
映像形式:Windows Media Player形式(音声無)、内容:鍋の調理からしゃぶしゃぶまで
サイズ:640×480ピクセル、再生時間:約3分24秒  → 動画を再生する





 漁師が一本釣りで釣り上げた丹後半島産の天然クエに、間人蟹のカニ刺し、タグ付きブランド蟹(兵庫県産の松葉蟹/津居山蟹)を加えた、豪華だけどリーズナブルな内容の会席料理に仕上がっています。このプランの目玉は、何といってもクエと地蟹を2分割された鍋で楽しむしゃぶしゃぶと鍋料理と、間人蟹のお刺身です。各料理の詳細は以下のお品書きを参考にしてください。

【以下はお品書き】


【クエ胃袋の湯引きポン酢あえ】
クエの胃袋は1匹のクエからあまりとれなので、この料理は先着限りの限定品となります(代替品の場合あり)。カワハギの内臓などもそうですが魚の内臓は以外と美味とされ、クエの内臓は稀少な最高の珍味です。
【クエと地蟹ハーフ&ハーフ鍋】
内部が半分にわかれた専用鍋で、クエとブランド蟹の味を交互に食べ比べできる贅沢な鍋です。片方で天然クエの柔らかい身をしゃぶしゃぶにしながら、もう片方で地蟹の鍋を楽しめるなど食べ方も自由自在です。


【熱々の茹で地蟹半身】
兵庫県産の松葉蟹や津居山蟹を丁寧にゆであげた一品です。お一人様につき半身で、お二人様で計1杯となります。お食事前に活け〆し、そのままゆであげてお客様のお部屋にお出ししています。
【間人蟹刺身/かに刺し】
間人蟹を一番贅沢に食べるならやはりお刺身です。鮮度が落ちないように氷の敷かれた器の上に盛られた間人蟹の身は美しい花のようであり、新鮮な活きた蟹を〆た直後であることの証明でもあります。


【セコガニとクエトロの寿司三貫】
主にカンパチ、イカ、甘海老を使った、冬の三種盛りお造りです。かに刺し同様鮮度が自慢の一品です。日によって内容が変わることがあります。
【クエの唐揚げ】
白身のクエはどんな料理で食べても美味ですが、薄い衣でサッと揚げると、その身の旨さをより実感できます。身のほぐれ方が絶妙な一品です。


【セコガニとクエトロの寿司三貫】
セコガニの蟹身で一貫、卵(内子/外子)で一貫、そしてクエのトロ部分(お腹)で一貫の計3貫寿司です。都心部で食べたらいったいいくらするんだろう?と考えてしまうほど贅沢なオリジナル寿司です。
【浜塩ハタハタ焼き】
一尾一尾丹念に絶妙の加減で塩を馴染ませるひもの屋独自の手法で作られるオリジナル最高級干物「浜塩シリーズ」。天然海塩「翁乃塩」による絶妙な塩加減を冬の底引網でとれたハタハタでお試しください。

★このプランはこんな方におすすめ★
 間人蟹のフルコースはお値段が張る・・でも天然の丹後の蟹を食べたい、いやどうせ食べるなら、冬に旨い魚もたくさん食べたい・・・そんなニーズにぴったりなプランが、このプランです。メインはクエ&地蟹のハーフ&ハーフ鍋ですが、セコガニの軍艦巻き&クエトロにぎり、浜塩とよばれる塩をすり込む製法で干しあげられたハタハタなど、脇役もかなり豪華な内容となっています。
 レイクサイド琴引は、100着の浴衣の中から好みの浴衣を1枚選んで無料で着れるサービスなども充実していますので、女性同士のグループ旅行にも最適です。
 また、チェックアウト日のお土産探しなら、隣接する丹後ひもの屋で、昨日食べた料理の素材を直接買ったりできるなど、かゆいところに手が届くようなそんな宿です。間人蟹や松葉蟹も店内の水槽で元気よく泳いでいますので、是非帰り際にでもお気軽にお立ち寄りください。
【自家製林檎コンフォートアイス添え】
女性にも人気の旬リンゴのコンフォートをアイスに添えたデザートです。



※【クエと地蟹ハーフ&ハーフ鍋】の様子を映像/動画で確認できます※
映像形式:Windows Media Player形式(音声無)、内容:鍋の調理からしゃぶしゃぶまで
サイズ:640×480ピクセル、再生時間:約3分24秒  → 動画を再生する


★ 京都/丹後半島にあるレイクサイド琴引までおこしになれないならこちら ★
姉妹店「丹後ひもの屋」でクエしゃぶ鍋の産地直送が可能です
(詳細は写真をクリックください)



丹後産の天然クエを、しゃぶしゃぶ用厚身スライス(お刺身可)、皮付き鍋用ぶつ切り身(唐揚げでも可)、身付きアラ、そして薬味まで含めてすべてセットにしてあります。全国のご家庭でも、本物の「天然クエ」が楽しめます。



〒629-3113 京都府京丹後市網野町小浜912
活蟹から沖〆された蟹まで!ブランド蟹料理 レイクサイド琴引

レイクサイド琴引のホーム/交通アクセス | 露天風呂/檜風呂情報 | 客室情報 | 予約受付中のプラン | 最新空室情報&予約画面

この特集記事の内容は過去のものですので、料金やサービスなどの内容に現在誤りがある可能性がございます。
正確な情報はリンク先に掲載されている最新情報や、施設に直接問い合わせるなどしてお確かめください。

日本海トラベル・ホームへ戻る